特集

年間20万人以上のお客様に創業時代と変わらないクオリティで提供させて頂いてます。

今村:
この度は、このようなお時間を頂きまして誠に有難うございます。ヒノマル食堂さんとは、早いものでお取引開始から早3年が経ちましたね!弊社の対応や商品レベルは正直な所、いかがですか?
高取社長:
うちの焼き鳥はこだわっている分、非常に細かく難しい加工をお願いしていると思っています。アイムさんには我々の厳しい要求に本当に良く着いて来てくれてるなと(笑)
今村:
そう言っていただけると嬉しいですね!ただ正直な所、ヒノマル食堂さんとお取引を開始させて頂いた当時の、アイムはちょうど焼鳥を刺す下請業から末端ユーザーさんへの卸へと業態変更をしている最中でしたので自然といえば自然にレベルの高い焼鳥を逆に教えて頂いた感じです!今でも忘れませんが、取引開始前は私が新橋店へ出向いて串打ちの動画撮影をしたり、安い鶏肉を使って練習しましたから(涙)

新しスタイルを発信していければなと思ってます!

今村:
幸いにも業態変更後の初めてのお客様が高取社長で、高度な焼鳥技術を勉強できました!その甲斐あって弊社も、物価の高い東京で一般大衆食の「焼鳥」をチルドで流通出来たのだと思います!店舗仕込みのアウトソース化は今の時流だと勝手に思いこんでるのですが、高取社長はどのようにお考えですか?
高取社長:
チェーンストア全盛期、過去の大量消費時代ならば海外での加工品を同一規格で大量に生産させればよかったのですが、現在は多様性豊かで店舗側の要望も細やかになっています。

その上で我々外食企業が選ぶ外注先は、我々の細かい要望を満たしてくれる技術力が必要で、しかもいかに小さいロットから対応して頂けるかが非常に重要になります。

価格とロット、そして要望を満たす技術力。現在の業界の行き着くところにきちんとマッチしている御社は、我々の業界の本流になりつつあると思いますので、あんまり同業他社に知られたくないのが本音です。
今村:
弊社としても、今後は仕込みのアウトソース化を更に進めていき、同業他社に追随を許さないような「チルド焼鳥」「食肉加工」を磨いていきたいですね!

「高取社長」及び「ヒノマル食堂さん」とも絆をより強固なものにして、食肉卸の新しいスタイル、飲食店の新しスタイルを発信していければなと思ってます!
高取社長:
ありがとうございます。頑張っていきましょう!
今村:
ありがとうございました。今後とも宜しくお願いします!

ヒノマル食堂HPはこちら

TEL:03-3679-7761 お問い合せはこちら

お気軽にご連絡ください。
まずは担当棈松(あべまつ)まで

商品紹介

特集 TOPへ