鶏肉の選び方

鮮赤色で変色していないものを選んでください

鮮赤色で変色していないものを選んでください︕

いくら熱を加え調理するといっても、直接口に入れる食べ物は慎重に選びたいものです。
スーパーやデパートで食肉を購入する際、何を選べば良いか、一番簡単で分かりやすいのが見た目による判断です。新鮮な肉はやや紫かかった赤色をしていますが、時間の経過とともに酸化し、次第に鮮赤色になっていきます。小売店で販売されている食肉は一般的にこの鮮赤色なので、馴染みがあるかもしれません。このくらいなら、鮮度が良い状態といって良いでしょう。

保水力のある肉汁の出ていないものを

保水力のある肉汁の出ていないものを︕

皮付きの肉なら皮の状態で鮮度を測ることもできます。例えば、毛穴が大きく盛り上がって目立つものは新鮮な証拠です。一方、肉全体の色が黄色いものや皮が白く水っぽいものは鮮度が落ちているので、購入を控えた方が良いでしょう。
この他、肉汁の出ていない肉は、保水力があり旨味成分が流出していないので、良い肉といえます。

◎資料請求、お問い合わせはこちらです。 メールでのお問い合わせはこちら
TEL:03-3679-7761 お問い合せはこちら

お気軽にご連絡ください。
まずは担当棈松(あべまつ)まで

商品紹介

鶏肉の業務用総合食肉卸会社アイム・フードセンター 鶏肉の選び方 TOPへ